14:02 2017年10月21日
東京+ 17°C
モスクワ+ 2°C
    ハッカー

    英ハッカー、米国防省職員800人の情報をハッキング

    © Fotolia/ Yeko Photo Studio
    米国
    短縮 URL
    0 41332

    英国家犯罪対策庁は、シーン・カフリー被告が、米国防省の職員800人以上のデータを盗んだと発表した。

    スプートニク日本

    発表には、「サットン・コールドフィールドに住むシーン・カフリー被告(25)がアクセス権を得て、衛星通信システムの利用者800人以上の職務データやログインデーター、メールアドレスに加え、衛星電話番号3万件以上を盗んだ」とある。

    ハッキングは2014年6月15日に実行されたということだ。警察は2015年3月、カフリー被告がインターネットに入りハッキングがなされた直後に逮捕した。

    米国防省の評価によると、損害額は約62万8000ドル。

    バーミンガム刑事裁判所は今月15日、コンピューター技術を悪用したとして、有罪を言い渡した。

    先ほど、内部告発サイト「ウィキリークス」は、「Vault 7」と名付けた資料の公開シリーズで、米中央情報局(CIA)の新たな機密文書を公開した

    タグ
    ハッカー, インターネット, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント