16:56 2021年10月16日
米国
短縮 URL
0 50
でフォローする

米トランプ政権は、イスラム圏6か国の国民およびすべての難民へのビザ発給で新たな基準を承認した。AP通信が、国務省の覚書を引用して報じた。

スプートニク日本

AP通信によると、米国在住者の近親者や、米国で仕事のつながりを持っている人などがビザの発給対象となる。

なおビザ希望者は、両親、配偶者、子供、兄弟姉妹が米国で暮らしている証拠を提出しなければならず、遠い親戚は近親者と見なされない。

新基準は、28日に米国の在外公館へ伝達されたという。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント