04:05 2018年05月22日
東京+ 16°C
モスクワ+ 16°C
    ティラーソン米国務長官 露米はシリアでの尽力調整の潜在力を有す

    ティラーソン米国務長官 露米はシリアでの尽力調整の潜在力を有す

    © AFP 2018 / Saul Loeb
    米国
    短縮 URL
    0 21

    ティラーソン米国務長官は米露にはシリアに関して「未解決の意見の相違」があるものの、同国の安定を確保するために尽力を調整するポテンシャルも有しているとの考えを示している。ティラーソン長官は5日に表した声明でこの考えを明らかにした。

    スプートニク日本

    「米国とロシアには一連の問題について未解決の意見の相違があるのは疑いようもないが、それでもシリアでの安定確保、安全保障分野における我々に共通する関心についてを調整を付けるポテンシャルもある。」ティラーソン長官のこの声明はハンブルグのG20サミットで行われるトランプ、プーチン両首脳の会談を前に表されたもの。

    タグ
    レックス・ティラーソン, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント