17:31 2018年09月24日
元米中央情報局(CIA)長官のマイケル・ヘイデン氏

元CIA長官、情報漏えいの原因は「ホワイトハウスの特別な雰囲気」

© AFP 2018 / Saul Loeb
米国
短縮 URL
122

元米中央情報局(CIA)長官のマイケル・ヘイデン氏は、米国の機密情報漏えいについて、ホワイトハウス内部の特別な雰囲気や、行政当局とスタッフとの間に直接のやり取りがないことが原因だとの考えを表した。

スプートニク日本

ヘイデン氏は「皆さんがリーク情報を得るのは(私はそれらを正当化しないが)、人々が、政府に耳を傾けさせるための全ての手段を使い果たしてしまったと感じている時だ」と述べた。リア・ノーヴォスチ通信が報じた。

ヘイデン氏は「全ての選択肢を奪われた時、人々は(情報を)盗んでいる」と述べた。

ヘイデン氏は、部下たちとのコンタクトを確立すれば漏えいを回避することができると指摘した。

関連記事

アサンジ氏 ヒラリー元長官はにハッカー攻撃を警告していた ドキュメンタリー映画が放映【動画】

新たな世界的サイバー攻撃に備えるべき? 専門家の見解

タグ
ハッカー, インターネット, 中央情報局, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント