09:20 2017年10月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 8°C
    トランプ氏

    米永住権宝くじはもう実施されない?

    © REUTERS/ Carlos Barria
    米国
    短縮 URL
    0 37951

    トランプ大統領は、米永住権(グリーンカード)が当たる電子宝くじを廃止する法案を発表した。

    スプートニクの本

    法案『 RAISE Act』は永住権宝くじの廃止を求めている。トランプ大統領は法案を「半世紀で最大の移民制度改革の1つ」と呼んだ。

    法案策定でトランプ大統領を助けたのは上院のデビッド・ペルデュー議員とトム・コットン議員。

    法案は、宝くじの代わりに「競争的なプロセス」導入を提案。そこで永住権を手に入れるチャンスが高いのは、英語話者で、自身とその家族を金銭的に保障することができ、「米国経済に不可欠な専門技術」を有している移民だとトランプ大統領は述べる。

    移民多様化ビザ抽選プログラム(Diversity Immigrant Visa Program)は米国で1990年から実施されている。毎年5万人の米国内永住権と労働許可を得た当選者が決められる。

    なお先に伝えられたところでは、2065年までにイタリア総人口の40%以上が移民になる可能性がある。

    タグ
    移民, ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント