15:56 2018年07月18日
米国防総省

ペンタゴンは即時全地球攻撃兵器の製造を開始 露国防省

© Flickr/ Andrés Feliciano
米国
短縮 URL
3220

米国防総省は即時全地球攻撃(PGS)の攻撃兵器の製造に乗り出した。ロシア国防省のアレクサンドル・エメリヤノフ報道官が明らかにした。

スプートニク日本

エメリヤノフ報道官は「米国防総省は、攻撃兵器と防衛兵器を共用するコンセプトを実現しながら、即時全地球攻撃の将来性のある攻撃兵器の製造に乗り出した」と語っている。リアノーボスチ通信が報道官の声明を引用して報じた。

報道官はさらに、こうした「非核」兵器は「こんにち戦略核兵器」が担っている課題の解決に欠かせないと指摘し、「ミサイル防衛システムの展開と即時全地球攻撃手段の製造計画が互いに関連していることは明らかだ」と補足した。

報道官はまた、米国のミサイル防衛システムの「有効性」はロシアと中国の戦略核兵器施設に「破壊的な」攻撃を行う際に「著しく高まる」と指摘している。

ロシア国防省からはこれより前、米国のミサイル防衛システムは国際宇宙活動の安全を脅かしているという指摘が挙げられていた。また2017年初頭、連邦ニュース局はモスクワおよびモスクワ州のミサイル防衛システムは全面的に刷新されると報じていた。

関連ニュース

米巡洋艦クルー「乗艦は北朝鮮に対し無力な牢獄」

ニジェール 警備中のグリーンベレーに襲撃 米軍人3人が死亡

タグ
アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント