05:38 2020年10月29日
米国
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

写真家のダグラス・スロン氏が、米カリフォルニア州での山火事の結果、事実上焼失してしまったサンタローザ市の動画をドローンを使って撮影した。

スプートニク日本

動画では、合衆国郵便公社の職員が、無人の通りを車で走りながら燃えずに残った郵便箱に手紙を配る様子が収められている。ある地区では建物や自動車が完全に焼失している。

動画の中ほどでは、郵便配達員が車で走る通りの片側の地区ではすべてが焼失していて、一方反対側では建物はすべて無傷で残っている。

最新の情報では、カリフォルニア州での山火事の結果31人が死亡、3500棟以上の建物が焼失した。数百人が行方不明になっているとされる。

関連記事

新潟の空に竜巻のたまご「ろうと雲」【動画】

東日本大震災の予想外の影響が明らかに

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント