17:11 2018年06月25日
アメリカ空軍

米戦闘機に新世代ミサイル搭載へ

CC0 / US Air Force/Master Sgt. Donald Allen
米国
短縮 URL
0 49

米国防総省は、新たな空対空ミサイル開発に向けた2年間の計画を進めている。航空専門ニュースサイト「FlightGlobal」が報じた。

スプートニク日本

長距離ミサイルは、第5世代戦闘機「Su-57」に搭載の「絶対的キラー」とも呼ばれるロシアのミサイル「K-77」と同等のものになる計画だ。

開発中のミサイルは、1980年代から開発され採用された全天候対応型ホーミング中距離空対空ミサイル「AIM-120」(アムラーム)の代わりになると見られている。

関連ニュース

ロシア第5世代ジェット戦闘機の最新モデル インターネット上に写真が登場

ナショナル・インタレスト誌「ミグ21は時代を超える戦闘機」

タグ
武器・兵器, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント