08:06 2017年11月22日
東京+ 4°C
モスクワ0°C
    米国で精神的問題を持つ人の軍務が許可される

    米国で精神的問題を持つ人の軍務が許可される

    CC BY 2.0 / U.S. Army/Sgt. Timothy Kingston / Iraq
    米国
    短縮 URL
    0 34616

    米国で精神的問題を持つ新兵の入隊禁止が解除された。USAトゥデイが報じた。

    スプートニク日本

    報道によると、米軍は過去に自傷行為に及んだり、双極性障害、うつ病、アルコール中毒または薬物中毒だった人々を採用できるようになった。

    禁止が解除されたのは8月だったが、公には発表されなかったという。USAトゥデイは禁止解除について、テロ組織との戦いを拡大するために米軍は2018年9月までに8万人の新兵を募集する必要があることと関係しているのではないかとの見方を示している。

    昨年6万9000人を募集しなければならなかった時、過去にマリファナ(大麻)を使用していた若者や、入隊試験の結果が悪かった若者の採用が米軍に許可された。

    米国では2009年、自殺と関連した精神障害を持つ人々の軍務が禁止された。

    タグ
    アメリカ軍, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント