06:49 2017年12月13日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    クリントン氏:米大統領選敗北の一因は2期を務めたオバマ元大統領にも

    クリントン氏:米大統領選敗北の一因は2期を務めたオバマ元大統領にも

    © AFP 2017/ David Mcnew
    米国
    短縮 URL
    0 08

    米大統領職を2期にわたり務めたオバマ氏のため、クリントン元国務長官は2016年大統領選に勝つことが難しくなった。このような考えをクリントン氏自身がHugh Hewitt Showの放送で述べた。

    スプートニク日本

    クリントン氏は、2008年と2012年の大統領選でオバマ氏が勝利したことで難しい課題を感じたという。

    「大統領職に2期連続で就任した人と同じ党からの後継者になろうとするとき、歴史の向かい風が吹くものだ。あれは、我々の政治で起きた全てのこととは異なる選挙活動だけではなく、難問だった」(クリントン氏)
    また、自身の前任者と多くの考えで賛同する場合、提案する変化や修正を人々に確実に伝えるのは難しいとも指摘した。

    その一方で、オバマ政権で働いたことを誇らしく思うと強調。オバマ元大統領とは全ての点で同意していたわけではないが、同大統領は国内経済を絶望的な状況から救うためにすべきことを果たしたと評価した。

    関連ニュース

    アサンジ氏 ウィキリークスがクリントン氏の電子メールを入手した方法を語る

    不仲のビル、ヒラリー・クリントン夫妻 その原因が暴露

    タグ
    バラク・オバマ, ヒラリー・クリントン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント