13:43 2018年10月16日

米国防総省 アフガン、イラク、シリアの駐留兵数を発表

© AP Photo / Risto Bozovic
米国
短縮 URL
0 07

米国防総省は27日、アフガニスタン駐留の米軍兵の数は9月30日現在で1万5300人に、イラク駐留兵は8900人、シリアには1720人と発表した。

スプートニク日本

駐留米兵の数はアフガニスタンが飛びぬけて最多。アフガニスタンがこのなかで一番の激戦地であるためとはいえ、トランプ政権が今まで発表してい3度の駐留計画に列挙されていた数値を大幅に上回っている。

В-52
© AP Photo / Mindaugas Kulbis
アフガニスタンでは2015年1月日よりNATOの非戦闘ミッション「決断的な支援」が発効している。同ミッションの主たる目的はアフガン治安維持機関代表らのトレーニングと懇談。こうしたミッションは戦闘作戦に代わるものとしてスタートしている。

世界最多の駐留米軍兵を抱える国は依然として日本で、およそ4万5千人。つづいてドイツの3万6千人。韓国は2万5千人。米国が世界各地に派遣兵士の数は25万7300人に上る。

タグ
アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント