15:06 2019年08月25日
中国DJI製ドローン

米当局、中国ドローンのスパイ行為を疑う=NYT

© Flickr/ Andri Koolme
米国
短縮 URL
126

米当局が中国DJI製ドローンが中国にデータを送っていると疑念を抱いた。ニューヨーク・タイムズ(NYT)が米移民・関税執行局のロサンゼルス・オフィスの報告書をもとに報じた。

スプートニク日本

NYTによると、文書は8月のもの。報告書は、同社の民間のドローンやソフトウェアが「インフラや米法務執行機関についての重要な情報を米政府に提供している」と主張。さらに、中国で造られたドローンが貯水槽や発電所、鉄道のジャンクションやその他重要なインフラ設備を頻繁に監視していると指摘している。

報告書によると、情報筋は情報へ直接ないし間接的にアクセスできるドローン製造業界内の信頼のおける人物だという。

報告書は、問題となっているのは企業や様々な機関が用いているドローンで、民間人が購入するドローンではないと指摘している。

これに対してDJIは、報告書が「明らかに間違った、誤解させるような主張に基づいている」と反論した。

関連ニュース

中国製DJIドローン使用、米陸軍が禁止

ドローン、英空母に「こっそり」着陸 警察が捜査

タグ
戦争・紛争・対立・外交, テクノ, 無人機, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント