12:01 2018年09月21日
オバマ氏

オバマ氏、トランプ政権の米をナチス・ドイツと比較

© AP Photo / Charles Rex Arbogast
米国
短縮 URL
0 414

オバマ前米大統領はシカゴ経済クラブで演説し、現在の米国の民主主義を1930年代のナチス・ドイツ台頭と比較した。名前は言及されなかったが、トランプ大統領を暗に批判しているように見られる。米紙「Crain`s Chicago Business」が報じた。

スプートニク日本

オバマ氏によると、「伸びゆく自己満足は」米国にとっての脅威であるとした上で、「アメリカ第一主義」への批判と取れる発言をした。オバマ氏はワイマール共和国を引き合いに出し、発達した民主主義にも関わらず、ナチス・ドイツの台頭を許したと指摘した。

オバマ氏は「6000万人が亡くなった。そのため、注意をはらい、投票する必要がある」と述べた。オバマ氏はトランプ氏を直接言及しなかったが、ナショナリズム的機運の醸成が見られる今日の米国とナチス・ドイツを暗に比較した。

関連ニュース

ラブロフ外相、トランプ大統領チームの行動とオバマ政権の政策を比較する

オバマ氏がワシントンの高校を突撃訪問 学生たちを驚かす【動画】

タグ
歴史, ナチズム, ドナルド・トランプ, バラク・オバマ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント