02:10 2018年10月19日
米国軍

米は中露との戦争に負ける可能性=米シンクタンク

© AP Photo / Dario Lopez-Mills
米国
短縮 URL
1183

米シンクタンクのランド研究所は、米軍は中露との戦争に負ける可能性があると報告した。

スプートニク日本

また、米軍が軍の刷新プロセスにおいて敵対国より遅れており、欧州や東アジアでの主な課題に対応する姿勢が不十分だと指摘された。

報告書によると、現在「強敵」であるロシアと中国の戦力が大きく伸びており、一定の状況では米が戦争に負ける可能性もある。

「この報告の評価によると、米中の軍事バランスは2.7対1、米露は6対1であるにもかかわらず、米軍は一定の可能性のある仮定のもとで将来的な戦争で負ける可能性がある。」

報告書ではまた、現在の状況において米国は「1つの大きな戦争」に向かい準備する必要があるにも関わらず、米国防総省が国際政策計画の際に「2つの地域戦争」戦略を用い続けていると指摘した。

関連ニュース

米国、ロシアと戦争を行う際のハンドブックを公開

米国で精神的問題を持つ人の軍務が許可される

タグ
中国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント