10:55 2018年01月23日
東京+ 2°C
モスクワ-12°C
    トランプ氏

    トランプ氏:米国は「新たな経済的奇跡」を目前に控えている

    © AP Photo/ Pablo Martinez Monsivais
    米国
    短縮 URL
    0 18

    税制改革について演説したトランプ米大統領は、米議会が法案を12月25日までに大統領に提出すれば、国民は「来年2月には減税と収入拡大」の実現を見ることができるだろうと約束した。

    スプートニク日本

    演説の中でトランプ氏は「我々は今日、新たな経済的奇跡を目前にしている」とも述べた。
    トランプ氏によれば、米国の経済成長率は3%で「ハリケーン被害がなければ4%を達成できていたかもしれない」という。そして「(大統領選の)選挙活動を始めた2年前には、この数字はとても考えられないものだったが、今後も拡大していくだろう。我々は選挙以降220万人分の雇用を創出し、失業率は過去17年で最低水準に抑えられている」と付け加えた。

    メディア各社は13日、上下両院の共和党議員が税制法案で最終的な合意に達し、来週にも議会採決を経て大統領署名に回すことが期待されていると報じた。

    法案には、大幅な法人減税や所得税の税率カットが盛り込まれている。一方で、中流階級を中心とする一部の国民にとっては、法律の「抜け穴」を塞ぎ、課税所得控除額を縮小することで却って増税となる可能性も指摘されている。上下両院で可決済みの法案では法人税率を現行の35%から21%に引き下げるとしていたが、税収減を懸念する声を受け、13日の共和党議員の最終合意では20%への引き下げと減税幅を縮小した。

    中流階級の支援や雇用拡大を目的とした税制改革は、トランプ氏が昨年の大統領選で掲げた主要公約の一つ。

    関連ニュース

    米国防総省、露軍のシリア撤退にコメントを拒否

    トランプ氏:シリア軍攻撃は合法的措置だった

    タグ
    ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント