06:22 2019年11月18日
ハッカー

米政府:「ワナクライ」によるサイバー攻撃の責任は北朝鮮に

© Sputnik / Alexey Malgavko
米国
短縮 URL
106
でフォローする

米政府は、身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)「ワナクライ(WannaCry)」を使った大規模サイバー攻撃に朝鮮民主主義人民共和国が関与していたとする見解を示した。トランプ大統領の国土安全保障担当補佐官トム・ボサート氏が18日に米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)電子版に発表した論評の中で明らかにした。

スプートニク日本

ボサート氏は論評の中で「米国は、綿密な調査の結果、大規模なワナクライ攻撃の責任を北朝鮮に帰する」と述べた。

ランサムウェア「ワナクライ」が世界74カ国でコンピュータのウィンドウズOSを襲ったのは今年5月12日。このウィルスによる被害件数は世界全体で7万4千件にのぼり、最も被害が多かったのはロシアだった。

関連ニュース

ワナクライの背後には北朝鮮=マイクロソフト社長

米当局 「ワナクライ」ウイルスと北朝鮮の仕業と断定せずも同国のサイバー攻撃に警戒

身代金ウイルス「バッドラビット」による大規模サイバー攻撃

タグ
ハッカー, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント