18:23 2018年09月23日
「MQ-25」

米、無人空中給油機を開発

© 写真: Boeing/ Eric Shindelbower
米国
短縮 URL
116

米ボーイング社は米海軍の空母艦載無人給油機「MQ-25」を開発した。 開発は、ボーイング社の研究開発部門で、航空機製造部門の最先端技術を研究する「 ファントムワークス」が担当している。

スプートニク日本

「 MQ-25」プロジェクトの目的は、戦闘攻撃機「F/A-18 スーパーホーネット」や電子戦機「 EA-18G グラウラー」、第5世代艦載戦闘機「F-35C」の可能性を拡張することにある。将来性の高い無人給油機は区魚の全システムと統合され、空母航空団の重要な一部となる。

MQ-25の試作機はエンジンの追加実験を行い、来年初頭には空母のデッキ上で動きを披露する。

関連ニュース

米、2021年までにレーザー兵器を戦闘機搭載へ=WSJ紙

約41億ドルの英国の新空母 就航後まもなく漏れが見つかる

タグ
武器・兵器, アメリカ軍
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント