21:23 2018年10月19日
米国の三都市が国防省を提訴 軍人に対する銃所持禁止の監視不足で

米国の三都市が国防省を提訴 軍人に対する銃所持禁止の監視不足で

CC0
米国
短縮 URL
0 20

米ニューヨーク、サンフランシスコ、フィラデルフィアの三都市が、武器所持を認められていない軍人の多くが連邦捜査局(FBI)の監視対象になっていないとして、国防省を相手取りバージニア州連邦裁判所に訴えを起こした。UPI通信社が伝えた。

スプートニク日本

提訴は、武器の所持を禁じられている軍人の多くがFBIの検査制度の対象に含まれていないことに関連したもの。この状況で元空軍兵がライフル銃を購入することができたため、テキサス州の教会での銃乱射による26人の殺害事件に至ったと同通信社は指摘している。

ニューヨーク市長のビル・デブラシオ氏は「このペンタゴンの過ちが無実な人々の命を奪った」と主張した。

テキサス州教会の銃乱射事件は11月5日に発生。デビン・ケリー容疑者はサン・アントニア市に近いサザーランド・スプリングス地域のファースト・バプテスト教会で銃を乱射し、26人が犠牲となった。容疑者は車で逃走したが、住民と撃ち合いになり、最終的には自殺した。

捜査資料によると、ケリー容疑者は妻子に暴行したり武器で脅したとして軍法会議にかけられ、2014年に空軍を懲戒除隊された。だが2016年にはテキサス州でライフル銃ルガー AR-556を2016年にテキサス州で購入していた。

関連ニュース

米乱射事件後にオバマ氏「銃携行制限を」 トランプ氏は反対

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント