14:54 2019年08月26日
Trident II D5 資料写真

米、露抑止のため新型核弾頭を開発へ

© 写真: SN Benjamin Crossley/ U.S. Navy photo
米国
短縮 URL
0 09

米政府が核兵器使用の制限を緩和し、威力の小さな新型核弾頭を開発する方針であると、英紙「ガーディアン」が米国家安全保障会議(NSC)で軍縮・不拡散を担当していたジョン・ウルフスタール元上級部長の話として伝えている。

スプートニク日本

ウルフスタール氏は、米国防総省が核政策の新たな大綱を策定し、それに従い潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「トライデントD5」の派生型にそのような弾頭を装備する予定だと語り、このような米国の行動は、東欧で紛争が発生した場合に戦術目的で核弾頭をロシアが使用することを抑止するためのものだと強調している

米国の新たな核政策は、オバマ政権時の政策と比べてより好戦的だとウルフスタール氏は指摘している。

新大綱では核攻撃適用のための条件リストが拡大されている。それには特に、数多くの犠牲を招く非核攻撃に対する反撃、及び住民の生命維持に関わる施設や核軍備の運営・管理施設への攻撃に対する反撃が含まれている。

関連ニュース

米海軍の偵察機、再びクリミア沖に現れる

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント