08:59 2018年10月17日
米国防総省

米国防総省、「死のテラバイト」サイバー攻撃に備える

CC0
米国
短縮 URL
0 03

米国防総省は同省ネットワークへのサイバー攻撃の件数上昇を確認し、最大級の攻撃を撃退する準備をしている。同省の防衛情報システム局のアラン・リン局長が明らかにした。

スプートニク日本

リン氏は、数年前までは1、2ギガバイトの攻撃は大きな出来事だったが、「現在ではインターネットで、600ギガバイト規模の攻撃が私たちのアクセスポイントに行われている。彼ら(ハッカー)は私たちが以前には直面しなかった方法を用いている」と指摘した。

現在、同省は1テラバイト規模の攻撃、いわゆる「死のテラバイト」を待ち構える。

米国防総省が発表したところ、リン氏は「私たちは準備が出来ており、それが訪れることを知っている。いつ直面するかは、時間の問題だ」

関連ニュース

米司法長官、「恐ろしい量」の機密情報流出を発表

元CIA長官、情報漏えいの原因は「ホワイトハウスの特別な雰囲気」

タグ
機密情報, ハッカー, 米国防総省・ペンタゴン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント