16:03 2020年02月17日
米国
短縮 URL
0 07
でフォローする

米国が2隻の駆逐艦「デューイ」と「スタレット」を作戦実施のためインド太平洋海域に派遣すると、米海軍が発表した。

スプートニク日本

発表では、2隻は米サンディエゴの海軍基地から6日に出航する予定とされ、強襲揚陸艦「ワスプ」を中核とする遠征打撃群(ESG)の展開を支援することになっている。「ワスプ」は1月、佐世保基地(長崎県)に寄港している。

また、「『デューイ』や『スタレット』といった水上艦は、沿岸地域において、特に競合する環境下で主要な上陸任務を実施する上陸部隊の能力を強化する」としている。

駆逐艦2隻は作戦を実施する全ての海域において、前方配備されている複数の揚陸艦と共同で訓練を行うという。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント