12:06 2019年10月24日
米国は北朝鮮と対話する用意がある 米副大統領

米国は北朝鮮と対話する用意がある 米副大統領

© AFP 2019 / Saul Loeb
米国
短縮 URL
173
でフォローする

米国は北朝鮮に対する圧力を続けるが、対話の用意もある。米国のペンス副大統領が伝えた。

スプートニク日本

ペンス氏はワシントン・ポスト紙のインタビューで「(北朝鮮に対して)最大限の圧力をかけるキャンペーンは続き、より集中的なものとなるだろう。だが対話を望むならば、我々は話をするだろう」と述べた。

またペンス氏は、対北朝鮮制裁が解除されるために北朝鮮に求められる行動は何か?との質問には「わからない。だから対話が必要なんだ」と答えた。

米国政府は、まず北朝鮮がはじめに核・ミサイル計画を放棄しなければならず、その後、米国は対話に同意するとの立場をとっている。

関連ニュース

米韓、北朝鮮への圧力を継続で一致 文大統領とペンス副大統領会談

 

タグ
北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント