00:00 2020年09月29日
米国
短縮 URL
2213
でフォローする

宇宙空間での戦争は今後数年で現実のものとなると、米空軍のゴールドファイン参謀総長が述べた。米フロリダ州で開かれた空軍協会の航空戦シンポジウムで語ったと、米「SpaceNews」誌が伝えている。

スプートニク日本

ソユーズ、地球に帰還
© Sputnik / Alexey Filippov
ゴールドファイン氏は、「数年後には我々が宇宙から攻撃を行うことになるだろうと、私は考えている。そして我々(米空軍)は、この新たな競合領域において共同で行われる戦闘を指揮しなければならない軍種である。これは国が求めていることだ」と述べた。

また、米軍の火力向上のため、全ての領域、即ち空、陸、海、サイバー空間、宇宙における情報・通信能力を統合することが不可欠だとの見解も示した。

同誌によると、2018年の米空軍の宇宙関連予算は77億5千万ドルで、17年の予算よりも20%増加している。

タグ
宇宙, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント