03:55 2018年06月21日
米国のヘイリー国連大使

米国連大使 米国の安保理決議案ではロシアとシリアはテロ組織に空爆できない

© AFP 2018 / SAUL LOEB
米国
短縮 URL
5116

米国のヘイリー国連大使は、米国の提案する国連安保理決議はロシアとシリアの軍隊に対し、テロ組織への空爆を許さないものであることを明らかにした。

スプートニク日本

ヘイリー国連大使は「ここ2週間、ロシアとシリアは東グータの各反体制派組織に躍起になって『テロ組織』のレッテルを貼り続けてきた」と述べている。

国連安保理会議の場でヘイリー国連大使は、シリアとロシアは2月24日に採択された休戦体制についての国連安保理決議2401を遂行していないと非難している。

12日、米国はダマスカスおよび東グータ付近での休戦体制についての新たな国連安保理決議案を発表した。ヘイリー国連大使は「これはアサド、イラン、ロシアが隠れ蓑として使うことのできる反テロ的な抜け穴を含んでいない」と語っている。

関連ニュース

シリアダマスカス近郊で爆撃継続 犠牲者1031人に

シリア 「人道的休戦」2日目に武装戦闘員らが攻撃

タグ
シリア, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント