22:21 2019年08月20日
米国防総省

米国防総省、潜水艦用の低出力核弾頭開発に4850万ドルを要求-戦争への準備?

CC0
米国
短縮 URL
2011

米国防総省は、潜水艦に搭載する弾道ミサイルに装備する「低出力核能力」開発に今後5年間で4850万ドルを費やす可能性がある。ディフェンス・ニュース(Defense News)が、「憂慮する科学者同盟(UCS)」の情報を引用して報じた。

スプートニク日本

ディフェンス・ニュースによると、4850万ドルは2023年度(10月1日から開始)までの期間に分割されている。国防総省の2019年の予算要求に記されている。特に、核弾頭製造へ2019年度は2260万ドル、2020年度は1960万ドル、2021年度は320万ドル、2022年度は150万ドル、2023年度は160万ドルの拠出が提案されている。

ディフェンス・ニュースによると、国防総省は小型核弾頭の製造について、米国の情報では同様の弾頭開発に多額の資金を費やしている中国やロシアからの脅威に対抗する必要性があるからだと説明している。

一方、UCSは、米国が講じている対抗措置は核紛争が勃発する脅威を高めるだけだと考えており、特に現米政権の下ではと指摘している。

関連ニュース

タグ
軍事, ミサイル, 戦争・紛争・対立・外交, 米国防総省・ペンタゴン, 中国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント