15:00 2018年08月22日
E-4B ナイトウォッチ

米国が航空機「最後の審判」を発進【写真】

© 写真: U.S. Air Force/Public domain
米国
短縮 URL
1411

米国はE-4B ナイトウォッチを発進させた。E-4B は米国の国家作戦空中センターとして運用される航空機で「最後の審判」の通称で知られている。民間航空機の移送をウォッチングするCivMilAirの発表したモニタリングリソースからこの事実が明るみになった。

スプートニク日本

地図上ではE-4Bはインディアナ州の上空を飛行している。

​E-4Bに「最後の審判」という通称がつけられた理由は、これが核戦争などで破壊され、機能しなくなった地上の司令塔に代わる存在となりうるため。

E-4Bは空中補給が行われれば1週間の間、飛行し続けることができる。

E-4Bに搭載された機器は核爆発にも耐えうる構造となっている。

E-4Bが発進された理由については明らかにされていない。

関連ニュース

強風にあおられた飛行機の「神業」着地に2000万人が息を呑む【動画】

タグ
飛行機, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント