13:37 2018年08月16日
米国がICBM発射実験実施、成功

米国がICBM発射実験実施、成功

© REUTERS / USAF/Michael Peterson
米国
短縮 URL
109

米空軍は25日、カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地で弾頭非搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」の発射実験を実施した。AFP通信が当局の発表をもとに伝えた。

スプートニク日本

実験は25日午前5時26分(日本時間同日午後9時26分)に行われ、成功した。

米空軍グローバル打撃軍団は「信頼できる発射実験が行われた。ミサイルの模擬弾が発射され、指定された安全な軌道を通り、装置が適切に機能した。センサーデータが収集され、再突入体が標的に与える衝撃を確認できた」という内容の声明を出した。

また、今回の発射実験は今年最初の発射実験となり、3~5年前に計画されていたものという。

関連ニュース

ナショナル・インタレスト「露防空システムに関して米国防総省が虚偽の疑い」

露軍参謀本部、ソ連製防空設備による米シリア攻撃撃退を説明【写真】

タグ
ミサイル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント