09:47 2018年05月21日
東京+ 16°C
モスクワ+ 9°C
    米軍

    米軍、訓練を13倍に加速する人工知能を開発

    © Sputnik / Stanislav Savelyev
    米国
    短縮 URL
    208

    米南カリフォルニア大学と米軍ラボラトリーの研究チームが、新たな人工知能(AI)システムを開発した。兵士が注意力や記憶力を鍛え、戦場で合理的に行動するための訓練を13倍速くすることができる。

    スプートニク日本

    システムは新世代歩兵戦闘車に搭載される予定だ。兵士が戦闘中に戦場の各地点から情報を集め、1つにし、処理する助けになる。こうした「スマートアシスタント」は兵士の教育プロセスを加速させると見られる。

    コンピューターの助言を参考に、兵士は例えば、前方にどうした危険が待っているかなどの兆候をより早く覚え、それを避ける頻度が高まる。

    システム製造には、通常のコンピューターではなく、柔軟性や低い電力使用が特徴である、製造後に設計者や使用者が構成を変えられるFPGAを用いている。FGPAは今日では宇宙望遠鏡や電気通信システムの製造に用いられている。

    関連ニュース

    ロシア、第4世代戦闘機に搭載の戦闘人工知能について明かす

    人工知能、91%の精度でMRIから自殺願望者の予測が可能に

    タグ
    軍事, テクノ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント