05:35 2018年08月16日
ドル

ナショナル・インタレスト、米の主要な敵を指摘

© Sputnik / Natalia Seliverstova
米国
短縮 URL
273

米国の主要な敵とは、ロシアや中国ではなく、米国債であるとナショナル・インタレスト誌が伝え、米政府がテクニカル・デフォルト(債務不履行)にますます近づいていると報じている。

スプートニク日本

同誌によれば、米議会予算局(CBO)による最新のデータによると、米国の金利負担は国内総生産(GDP)の1.6%で、これは連邦政府の歳入の9.4%に等しい。しかし、2022年には、これらの数字はそれぞれ2.7%と16%になる。ただ、同誌はこのようなシナリオを最も楽観的なものと評している。

同誌は、それぞれおよそ1.2兆ドルの米長期国債を保有している日本と中国の債権者の助けを借りて、米政府が債務繰り延べを求める公算が大きいと伝えている。

関連ニュース

米債務、初めて21兆ドル超え

タグ
ドル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント