04:03 2018年11月22日
米兵士(あーかいぶ)

米軍に弾薬切れのリスク=米国防総省

CC BY 2.0 / The U.S. Army / M136 AT4 In Action
米国
短縮 URL
1123

米国防総省の報告書によると、米軍は近い将来、深刻な軍需製品の欠乏に直面する可能性がある。DefenseNewsが報じた。

スプートニク日本

報告書は、この20年間の米国防総省による混沌とした注文は、供給側が市場で生き残れない状況に繋がったとしている。結果、外国メーカーへの依存度が高まり、多くの危険が潜んでいる。

例えば、中国との衝突が起きた場合、成功は中国からのパーツ供給に直接左右される。

さらに、国内の大手供給メーカーへの依存度の高さにも言及されている。レイセオン社とロッキード・マーティン社は弾薬や装備、ミサイル関係製品の97%を製造している。

DefenseNewsによると、報告書は、弾薬を作る中小軍需製品メーカー121社のうち98%は市場に競合他社がいないと指摘。破産や閉業が起きた場合、これらの会社を置き換えるメーカーが存在しない。

タグ
軍事, 米国防総省・ペンタゴン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント