13:37 2018年06月21日
ヒラリー・クリントン

ヒラリー・クリントン、フェイスブックCEOになりたい=ワシントン・ポスト

© AP Photo / Mary Altaffer
米国
短縮 URL
1011

米大統領選挙に出馬したヒラリー・クリントン元国務長官は、フェイスブックのCEOになりたいと述べた。米紙ワシントン・ポストが報じた。

スプートニク日本

これは、どの会社を率いたいかをマサチューセッツ州検事総長のマウラ・ヒーリー氏に尋ねられて出した答え。短いインタビューは同紙サイトで公開された。

「フェイスブックです。これは世界で一番大きいニュースプラットフォームです。私たちはデイビット・イグナティウスのような素晴らしい経験豊富なライターの話を聴くことができ、ニュースの流れについていこうとしている」とクリントン氏は指摘する。

しかし、同氏によると、米国の大半の人は真偽はともかくもフェイスブックからニュースを知る。さらに、クリントン氏はフェイスブックが今「ビジネスモデルからの予想外の結果」に対処しようとしているとした上で、「民主主義にとって、決定を取る上で正しい情報を得ることは非常に重要だ」と述べた。

フェイスブックは個人情報が大量に流出したケンブリッジ・アナリティカ社などの一連のスキャンダルが起きた後、ユーザーの信頼を取り戻そうと取り組んでいる。

関連ニュース

タグ
びっくり, SNS, テクノ, facebook, ヒラリー・クリントン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント