09:35 2018年06月21日
米軍艦は規則に従い、航行の自由、飛行の自由、そして南シナ海の自由に向け、今後も作戦を実行していく。これについて日曜日、米国防総省のクリストファー・ローガン報道官が発表した。

米国防総省、今後も南シナ海での作戦を継続していくとの意向を示す

CC BY-SA 2.0 / LT Jan Shultis/U.S. Navy photo / LCS 2MAY123
米国
短縮 URL
0 38

米軍艦は規則に従い、航行の自由、飛行の自由、そして南シナ海の自由に向け、今後も作戦を実行していく。これについて日曜日、米国防総省のクリストファー・ローガン報道官が発表した。

スプートニク日本

ミサイル巡洋艦「アンティータム」(アーカイブ)
© Flickr / Naval Surface Warriors
中国国防部は、米国軍艦が日曜日、南シナ海の西沙諸島(パラセル諸島)周辺を航行したことは、主権に対する深刻な侵害であるとの声明を出した。

それに対してトランプ氏は、「我々は引き続き、規則に従い航行の自由作戦を行っていく」と述べた。

関連ニュース

中国爆撃機、南シナ海の島に初着陸

タグ
南シナ海, 米国防総省・ペンタゴン, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント