13:15 2018年06月23日
米国は6月11日より、中国国民に対するビザ発給規則を導入する。これにより同国民のビザ有効期限が制限されることになる。米国国務省が伝えた。

中国国民へのビザ発給を厳格化=米国務省

© Sputnik / Maksim Blinov
米国
短縮 URL
0 74

米国は6月11日より、中国国民に対するビザ発給規則を導入する。これにより同国民のビザ有効期限が制限されることになる。米国国務省が伝えた。

スプートニク日本

消息筋によると、これは国家安全の戦略的実現の枠組みで行われ、競争国へ知的財産が渡ることを防ぐためのものである。これによるビザ発行手続きの変更はない。

米国は知的財産の盗難を理由に中国を非難している。これは米中の貿易不均衡について協議される首脳会談における議題の1つである。

5月半ば、米中貿易代表団が協議を行った。両国は知的財産の保護を最も重要な位置づけとし、当該分野における協力を強めることで合意に達した。中国はそれに応じて、特許法を含め自国の法制度に修正を加える義務を負った。

関連ニュース

原油価格上昇 米中貿易摩擦解決に楽観的な見方

 

 

タグ
ビザ・査証, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント