16:09 2018年06月18日
ダンフォード米統合参謀本部議長

米国は日韓防衛にあらゆる軍事手段を行使を約束 米国防総省

© REUTERS / Yuri Gripas
米国
短縮 URL
2215

米統合参謀本部議長のジョセフ・ダンフォード海兵隊大将は日韓の軍部に対し、米国は「拡大した抑止」を実現させるため、軍事手段のあらゆるスペクトルを使う構えにあることを明らかにした。31日、米統合参謀本部報道官が明らかにした。

スプートニク日本

ダンフォード氏と韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長と日本の河野 克俊統合幕僚長との会談は5月29日、当時の名称で米国太平洋軍(現在の米国インド太平洋軍)の本部で実施された。米国側からはさらにハリー・ハリス前司令官と30日から代わって任務についたフィリップ・デビットソン現司令官が列席していた。

米国防総省の声明には「ダンフォード氏は、米国は有事の際は韓国も日本もこれを防衛するという揺るぎない忠実な姿勢を確約し、同時に通常兵器、核兵器、MDと、米国のあらゆるスペクトルの軍事手段による抑止の拡大を保証した」と書かれている。

関連ニュース

「平和の家」で南北閣僚会談 北朝鮮が韓国で共同宣言行事開催を提案

タグ
北朝鮮, 韓国, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント