02:44 2018年09月20日
沿海域戦闘艦(LCS)

米海軍、新たな船舶プロジェクト用の新たな対艦巡航ミサイル取得へ

© Flickr/ U.S. Pacific Fleet
米国
短縮 URL
107

米海軍は、軍需製品メーカー「レイセオン」と、沿海域戦闘艦(LCS)計画の船舶に搭載される対艦巡航ミサイル「ナーヴァル・ストライク・ミサイル(NSM)」の供給契約に調印した。サイト「ディフェンス・ニュース」が伝えた。

スプートニク日本

なお契約の初期価格は1400万ドルだが、契約期間全体にわたって8億4800万ドルにまで増加する可能性があるという。

LCS計画では、沿海域戦闘艦の2つのプロジェクトが開発されている。両プロジェクトの船舶速度は共に45ノットに達し、航続距離は3500海里以上。

関連ニュース

米海軍 第2艦隊を再編成 大国とのし烈な競争に大手

米の最新型空母 極容易な課題も遂行不可能

タグ
軍事, 武器・兵器, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント