17:49 2018年09月21日
F35機

米ステルス戦闘機F-35 300機が完成

© Flickr/ US Air Force
米国
短縮 URL
0 811

米国の航空機製造「ロッキード・マーティン社」は今月6月すでに300機の第5世代ステルス戦闘機のF-35 ライトニング IIを製造したことを明らかにした。最新の完成品はユタ州の米空軍に納品されている。航空宇宙関連ニュースのフライトグローバルが報じた。

スプートニク日本

ロッキード・マーティン社の発表では、現段階で製造ラインから出来上がっているのはF-35Aが197機、F-35Bが75機、F-35Cが28機の合計197機の合計300機。いずれも米国内およびパートナー国からの受注品。

F-35 ライトニング IIのフライトトレーニングを受けたのは操縦士が620人、副操縦士が5600人。トレーニング用の飛行時間は14万時間を超えた。3種の戦闘機の製造費用は第1世代と比較すると40%以上のカットに成功している。

次の300機の製造は2020年末までに行われる予定。「ロッキード・マーティン社」は昨2017年、66機を製造。今年は91機、2023年からは年間160機の製造を目指す。

関連ニュース

F35戦闘機は「恥」 英で非難

タグ
武器・兵器
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント