06:58 2018年10月23日
B52ストラトフォートレス

米無線愛好家ら、熱核ミサイル発射命令を傍受し驚愕

© AFP 2018 / YONHAP
米国
短縮 URL
1210

米国の無線愛好家らが、非常事態における行動についての戦略爆撃機部隊に宛てた米地上軍司令部の連絡を傍受したと、ニュースサイト「Drive」が伝えている。

スプートニク日本

B52ストラトフォートレスの信号が27日深夜、西海岸で捉えられたとされている。

同サイトの情報では、このような伝達は有事の際、核兵器を使用した大規模攻撃の場合に行われるという。このような連絡を受けた後、軍人らは熱核弾頭が装備された巡航ミサイル「AGM-86 ALCM」20発を指定された複数の目標に向け発射するよう、義務付けられている。

「Drive」は傍受された信号について、B52やB2スピリットといった爆撃機とE6マーキュリーが参加していた訓練の一環として出されたものであると伝えている。

このような措置は米国の敵に対し、熱核弾頭を世界全体に到達させる爆撃機部隊の準備体制を示すことが目的だと、記者らは強調している。

1 / 2
米軍の戦略爆撃機B-52

関連ニュース

2機のF15と民間機、沖縄で危うく衝突寸前

「広島投下原発160発分」の一斉発射 ロシア原潜の発射威力を米専門家が算出

タグ
軍事, 武器・兵器, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント