07:20 2018年10月22日
誘導核爆弾B61 12

米国、誘導核爆弾の試験を実施

© 写真 : Youtube/Phylicia Nordyke
米国
短縮 URL
0 29

米空軍は、誘導核爆弾B61-12の確認試験を行った。サイトMilitary.comが伝えた。試験では、ステルス戦略爆撃機B-2 Spiritが使用された。

スプートニク日本

米エネルギー省 国家核安全保障局の職員マイケル・ルットン氏は「これらの確認飛行試験は、B61-12の構造がシステム要件に合致していることを示している」と発表した。

米国はB61-12をドイツ、イタリア、トルコ、ベルギー、オランダといった欧州諸国の軍事基地に配備する計画。米議会予算局によると、30年間(2017~2046年)で戦術核兵器の近代化に250億ドルを費やす予定。

航空爆弾は、多機能第5世代戦闘機F-35ライトニング IIのプラットフォームと互換性を持っていなければならない。B61-12は、2020年までに運用が始まる見込み。

関連ニュース

米無線愛好家ら、熱核ミサイル発射命令を傍受し驚愕

タグ
武器・兵器, アメリカ軍
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント