12:06 2018年07月20日
ノーフォーク海軍基地

世界最大の米海軍基地、水没の恐れ=マスコミ

© 写真: Official U.S. Navy Imagery
米国
短縮 URL
2122

米バージニア州にあるノーフォーク海軍基地は、水没する恐れがある。米誌ナショナル・インタレストが伝えた。

スプートニク日本

調査会社アメリカン・セキュリティー・プロジェクトは、気候変動による最大のリスクにさらされている軍事施設のリストに、ノーフォーク海軍基地を加えた。

ノーフォークでは2000年から洪水の発生率が急増しているという。気候学者らは、出水は今後さらに増え、高水位は2100年までに1.5メートル上昇すると予測している。

  • ハリー・S・トルーマン航空母艦 ノーフォーク海軍基地
    ハリー・S・トルーマン航空母艦 ノーフォーク海軍基地
    U.S. Navy
  • ハリー・S・トルーマン航空母艦 ノーフォーク海軍基地
    ハリー・S・トルーマン航空母艦 ノーフォーク海軍基地
    U.S. Navy
  • ハリー・S・トルーマン航空母艦 ノーフォーク海軍基地
    ハリー・S・トルーマン航空母艦 ノーフォーク海軍基地
    U.S. Navy
1 / 3
U.S. Navy
ハリー・S・トルーマン航空母艦 ノーフォーク海軍基地

また気候変動に伴い、地域ではさらに強力な嵐が発生し始めるという。

ナショナル・インタレストは、海軍上層部は問題を解決するために基地の最も脆弱な場所での建設を拒否することができるが、予算節約の中でインフラを保護するのは容易ではないと指摘している。

ノーフォーク海軍基地は、世界最大の海軍基地で、原子力空母を含む少なくとも75隻の拠点となっている。

関連ニュース

米F22戦闘機、沖縄に暫定配備=ジャパンタイムズ

核兵器基地を警備の米兵が麻薬を使用

タグ
軍事, 軍事基地, 環境, アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント