22:23 2018年10月22日
米国によるベネズエラへの軍事侵攻は、現実的=大使

米国によるベネズエラへの軍事侵攻は、現実的=大使

© AFP 2018 / DON EMMERT
米国
短縮 URL
2110

米国によるベネズエラへの軍事侵攻は、あり得る。ロシアのウラジーミル・ザエムスキー駐ベネズエラ大使は、このような見方を表している。

スプートニク日本

大使は「(米国によるベネズエラへの軍事侵攻という)出来事のバージョンは、残念ながら、現実的だ。最近、最大でも2週間前に、もし私が間違っていなければ、AP通信は、1年前にトランプ大統領が非常に真剣に補佐官らとベネズエラ情勢に対応する軍事オプションについて協議したと報じた」と語った。

大使は仕事上の経験をもとに、米国は常に軍事的なものを含むあらゆる対応オプションを残していると述べている。

大使は「もしそうならば、これは重大な脅威である。さらに米国はモンロー主義(米国の外交政策の原則)の復活と、自国国境の南にあるすべてのものをお気に入りの裏庭とみなし、そこで彼らが必要とする秩序の維持を継続したいと考えていることをまったく公然と宣言した」と語った。

関連ニュース

ベネズエラ大統領選挙やりなおしをEUが呼びかけ

米移民法は「世界一馬鹿げてる」=トランプ米大統領

タグ
軍事, アメリカ軍, ベネズエラ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント