13:41 2018年08月18日
トランプ大統領、「プーチン大統領個人の責任と考えられる」

米大統領選介入「プーチン大統領個人の責任とも考えられる」

© Sputnik / Michael Klimentyev
米国
短縮 URL
2210

ドナルド・トランプ米大統領はロシアの米大統領選への介入疑惑を巡り、責任の所在がウラジーミル・プーチン露大統領個人にあると考えられるとの見方を示した。

スプートニク日本

トランプ大統領は米テレビ局CBSの取材で18日、「私がそう考えるのは、彼(プーチン大統領)が国家元首であるからだ。それは私が米国で起こっていることに責任を感じていることと何ら変わりない。だからもちろん、国のトップである彼に介入への責任があると考えることができるだろう」と述べた。

同大統領は、露米首脳会談後に行われた共同記者会見の場で、ロシアの米大統領選への介入を巡っては「露米両国に責任がある」との考えを明らかにしており、また介入した証拠は見当たらないとしている。

関連ニュース

米、選挙「介入」捜査でロシア情報機関12人を起訴

フェイスブックのセキュリティ向上を発表 「ロシアの介入」原因

タグ
露米関係, ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント