07:17 2018年10月22日
メキシコで墜落した旅客機の乗客11人が航空会社を起訴

メキシコで墜落した旅客機の乗客11人が航空会社を起訴

© AP Photo / Red Cross Durango
米国
短縮 URL
0 31

メキシコ北部ドゥランゴ州で7月31日、乗客乗員103人を乗せたアエロメヒコ航空の旅客機が墜落した事故で、乗客11人が同航空会社を訴えた。

スプートニク日本

乗客の代表する法律事務所「Corboy & Demetrio」の発表では、「全乗客は墜落の正確な原因を知る権利がある。原因は悪天候ではない」とされている。

ドゥランゴ州から首都メキシコシティに向かっていたアエロメヒコ航空のエンブラエル190型機は、離陸からまもなく墜落した。

機体は炎上したが、乗客と乗員はすぐに状況を理解し、すばやく避難できたという。事故では98人が負傷したが、そのうちの多くは病院で手当を受けた後すぐに帰宅し、パイロットを含む数人が重体となっている。

関連ニュース

メキシコ墜落事故 パイロットが意識回復

タグ
墜落, メキシコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント