11:11 2018年12月14日
Facebook

FB、「露・イラン関連」ページを削除

© Sputnik / Natalia Seliverstova
米国
短縮 URL
0 111

米フェイスブックが、自社のSNSとインスタグラムのサービスにおける一連のページとグループを削除した。自らのこの行動について同社は、これらのアカウントから「統一のとれた疑わしい活動」が行われ、しかも「この活動の一部はイラン国内に起源を有し、一部はロシア国内に起源を有している」からだと説明している。

スプートニク日本

「イラン関連」と「ロシア関連」のアカウントは互いには結びついていなかったものの、「自分たちが誰で、何をしているかに関して他の人々を誤解させる目的でアカウントのネットワークを構築することで、似たような戦術を用いていた」と指摘されている。

米メディアはこれまで、ロシアが米国での選挙において、SNSを介してトランプ現大統領を支援したとの嫌疑をかけているが、証拠は提供していない。とりわけ非難されてきたのは、サンクトペテルブルクの「インターネット・リサーチ・エージェンシー」。

フェイスブックやツイッターを含むSNSは、この問題で米上下両院の複数の委員会に協力する義務を負っている。これらの委員会は、選挙への想定される「ロシアによる干渉」の調査を行っている。

関連ニュース

フェイスブックの最高セキュリティー責任者、社内の意見対立を背景に退職を発表

Facebook ロシアの米大統領選挙介入の「証拠」は握っている

タグ
facebook, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント