02:03 2018年12月12日
エアロスミス(アーカイブ写真)

「エアロスミス」ソリストがトランプ大統領に警告 無断で曲を使用するな

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
米国
短縮 URL
0 43

ロックバンド「エアロスミス」のヴォーカリスト、スティーヴン・タイラーさんはホワイトハウスに対し、トランプ大統領が支持者との集会で演説する際に「エアロスミス」の曲をかけるのを止めるよう求める書簡を送った。ヴァラエティー誌がタイラー氏の弁護士のジーナ・ラポルト氏の発言を引用して報じた。

スプートニク日本

同誌の報道によれば、書簡がホワイトハウスに送付されたのは、8月21日、トランプ氏がウェストバーミンガムでの支持者との集会で演説した後。集会では「アエロスミス」の曲「リヴィング・オン・ジ・エッジ」がかけられた。同グループのメンバーらによる書簡には、大統領によって著作権が侵害されたと書かれている。

ラポルト弁護士は、政治的場面で「エアロスミス」の曲が使用されたことでタイラー氏がトランプ大統領を支持しているかのような誤った印象を与えかねないと指摘している。

「エアロスミス」がトランプ氏に対し、著作権侵害について警告する書簡を送ったのは今回が初めてではない。2015年、トランプ氏は選挙キャンペーンでも同グループの別の曲「ドリーム・オン」を無断で使用している。

関連ニュース

トランプ氏の元個人弁護士、トランプ氏の指示を認める

トランプ大統領、人種戦争の開始を望んでいると非難される

タグ
びっくり, 音楽, 災害・ 謎・発見・スキャンダル, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント