23:52 2018年12月11日
在日米軍キャンプ座間の司令官に29日、ベトナム出身のビエット・ルオン少将が就任した。

在日米軍キャンプ座間の司令官にベトナム出身者が就任

© 写真 : U.S. Army
米国
短縮 URL
0 24

在日米軍キャンプ座間の司令官に29日、ベトナム出身のビエット・ルオン少将が就任した。米「STARS STRIPES」電子版が明らかにした。

スプートニク日本

ルオン氏はサイゴン(現在のホーチミン市)出身。1975年のベトナム戦争当時、9歳で北ベトナムによるサイゴン陥落の1日前に家族とともに避難し、米国へ移住した経歴を持っており、在韓米陸軍の作戦担当幹部を務めていた。この役職にベトナム出身者が抜擢されるのは初めて。

ルオン氏は司令官就任式で米軍人らに対して「あなた方の家族の加わる所存だ。あなたたちの側で戦うことを名誉に思う」と語っている。

関連ニュース

韓国政府、軍事予算の記録的増加を要求

米軍人が明かす 米国が世界覇権を失いつつある理由

タグ
軍事, 日米関係, アメリカ軍, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント