06:04 2018年11月13日
軍事パレード

北朝鮮の軍事パレードにミサイルなし トランプ大統領が好評価

© AP Photo / Kin Cheung
米国
短縮 URL
0 64

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は9日、平壌で建国70周年を記念した祝賀行事を開催した。軍事パレードも実施したが、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や中距離のミサイルを登場させなかった。全体的に、前回の軍事パレードよりも抑制的なイメージが強まった。非核化をめぐっては、米国との首脳会談で課題として提起されているだけに、一定の配慮がされたとみられる。

スプートニク日本

トランプ米大統領はさっそくツイッターで、核ミサイルを使わない軍事パレードは「平和と経済成長をテーマとしたもの」であり、前向きな意思表示であると評価した。

​米朝間では、北朝鮮の非核化に向けた取り組みでポンペオ米国務大臣の訪朝が取りやめになるなど、停滞が続いている。

こうした状況の中、トランプ大統領は今回の軍事パレードを評したツィッターで金正恩委員長に謝意を示し、「われわれは、皆が間違っていることを証明することになるだろう」と述べ、金正恩委員長との関係を強める中で、非核化を実現する意欲を強調した。

​関連ニュース

北朝鮮軍事パレード、長年の間で初めて弾道ミサイル登場せず

タグ
軍事パレード, ドナルド・トランプ, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント