07:30 2018年10月21日
グリーンカード(永住権)

米政権、永住権交付の厳格化案を発表

© Depositphotos / welcomia
米国
短縮 URL
0 52

米トランプ政権は22日、現在合法的に米国に滞在する移民に対する査証(ビザ)やグリーンカード(永住権)の交付を厳格化する案を発表した。

スプートニク日本

米国土安全保障省が公開した447頁に及ぶ文書は、一連の社会保障制度を利用していると判明した場合、発行が拒否される可能性があるとする。そうした制度には、低所得者向けの公的医療保険「メディケイド」や食料購入補助制度「フードスタンプ」、公共住宅がある。制度の利用は、永住権申請の際、「重視されるマイナス要素」として評価される可能性がある。

さらに申請の際、1万ドルの保証金を収めるよう求められる可能性がある。

当局の算出によると、この新ルールの影響は年38万2千人に及ぶ。この措置は、応募者が金銭的に自立し、米社会保障の重荷にならないことを保証することを目的とする。

関連ニュース

トランプ米大統領 メキシコ国境の壁建設費を明かす

トランプ大統領令後、米で移民の子供500人超を親のもとへ

タグ
移民, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント