07:33 2018年10月21日
クリントン前国務長官

米国務省、クリントン氏の機密情報アクセス権を剥奪

© REUTERS / Brendan McDermid
米国
短縮 URL
0 222

米国務省はスプートニクに対して12日、ヒラリー・クリントン元国務長官(元民主党大統領候補)がすでに機密情報へのアクセス権限を有していないことを明らかにした。

スプートニク日本

米メディアは先に、上院司法委員会の文書へのリンクとともにクリントン氏、および同氏の首席補佐官だったシェリル・ミルズ氏の機密情報へのアクセス権限剥奪について報じている。

米国務省は、「クリントン氏の要請により、同氏の機密情報へのアクセス権限が剥奪されたことを確認した」と伝えた。

2015年、クリントン氏はオバマ政権の国務長官時代、自宅に設置した個人のメールサーバを使用して仕事用のメールを交信していたことでスキャンダルを引き起こした。同氏は米国の安全を脅威にさらしたとして批判の対象となった。

関連ニュース

トルコ裁判所、米国人牧師を釈放

米司法省、中国情報機関員を逮捕 経済スパイ容疑

米上院、欧州がロシア産エネルギーを拒否するための支援を提案

タグ
ヒラリー・クリントン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント