10:33 2018年11月13日
米警察

米ニューヨーク、25年ぶりの銃撃ゼロ週末

© REUTERS / Rashid Umar Abbasi
米国
短縮 URL
131

10月13、14日の週末は米ニューヨーク市に住む人にとって特別な日になった。1993年から25年ぶりに、銃撃が無かった週末になった。米ニューヨーク市警察(NYPD)は特別に発表し、職員の素晴らしい仕事ぶりに感謝した。英紙タイムズが報じた。

スプートニク日本

市警察のジェームズ・オニール本部長はツイッターで「この街を守るための懸命な働きぶりにNYPDの各位と、私たちがこの街をこれほど安全にするよう助けてくれている社会のメンバー各位に感謝」と表明した。

​NYPDは、米ニューヨーク市での銃撃件数は前年比で2%ダウン。

統計によると、町の殺人事件の大半はブルックリンとブロンクスで起きている。

関連ニュース

米モデル、車を運転中に射殺される

タグ
警察, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント