04:55 2018年11月16日
ジェフ・ベゾス

アマゾンCEO、米国防総省との協力は拒否しないと表明

© AP Photo / Reed Saxon
米国
短縮 URL
137

米企業のアマゾン・ドット・コムには米国防総省との協力を避けるつもりはないと、同社のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が述べた。ベゾスCEOの発言の一部を16日、FOXニューステレビが伝えた。

スプートニク日本

ベゾスCEOは、「もしテクノロジー関連の大企業が国防総省に背を向けるのなら、この国は困難に陥るだろう。我々は国防総省を支援し続けていく」と述べた。

アマゾンは現在、クラウドコンピューティング分野でのサービスを国防総省に提供する約100億ドル相当の10年契約を同省と結ぶための入札に参加している。入札にはアマゾンの他、マイクロソフトを含む企業が参加している。

マイクロソフト社員のグループは先に、この入札から撤退するよう同社に呼びかける書簡を公表。防衛分野でのプロジェクトに同社が参加するべきではないと主張していた。

今年4月には、グーグルの社員およそ4千人が共同書簡に署名し、国防総省による「プロジェクト・メイブン」に同社が参加することに対して反対を表明した。同プロジェクトは、戦闘用無人航空機の照準精度を向上させるために人工知能(AI)を応用することを見込んでいる。

関連ニュース

タグ
びっくり, 軍事, テクノ, 米国防総省・ペンタゴン, Amazon, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント